失業保険を不正受給すると、一体どうなるのか気になりますよね? 仮に不正受給した場合は、支給額の2倍、または、3倍のお金を返納しないといけなくなります。 さらに、悪質だと見なされた時は、詐欺罪に問われるので、絶対にしてはいけない行為です。 では、具体的にどのようなことが不正受給に当たるのでしょうか? 不正受給に該当する行為は、以下のようなことです。 ・アルバイトなどで得た収入を申告していなかった場合 ・再就職したのを隠していた場合 ・起業したのを隠していた場合 ・働く意思がない場合 ・求職活動の有無を偽った場合 このようなケースは、不正受給に該当します。 アルバイトなどで得た収入は、全てハローワークに申告しないといけませんし、収入を偽るのもいけません。 それに、再就職したり、起業した場合にも、きちんとハローワークに申告してください。 そのまま失業保険をもらい続けるのは、不正受給に当たります。 また、実は働く意思がない場合も不正受給に当たるでしょう。 それから、失業認定を受けるためには、求職活動をしているという事実が必要です。 本当はしていないのにも関わらず、していると嘘をついた場合、不正受給に該当します。